ようこそ、オホーツク流氷科学センターへ!

流氷といえは北海道、というイメージがあるかもしれませんが、実は北海道でも唯一ここ、オホーツク地域でしか流氷を見ることができません。それは流氷の来る海、オホーツク海にある特徴があるからです。

1つ目はオホーツク海は陸と島に囲まれた、閉ざされた海であるということ。

2つ目は北海道より北、アムール川からの河川水が大量に入り、上層部分の塩分が薄くなっているということ

などが挙げられますが… 続きの解説は是非、流氷科学センターで!

様々な設備と展示物で、紋別の自然と流氷について詳しく学べますよ!

展示室紹介

なまらしばれる!-20℃体験室

  • 凍るシャボン玉
  • シャボン玉の凍る様子
  • 本物の流氷
  • 氷の水族館

真冬のオホーツクを再現した厳寒体験室では、「凍るシャボン玉」体験ができる他、本物の流氷とシロクマがお出迎え!

世界でここだけの「氷の水族館」は、クリスタルのような氷に閉じ込められた花や魚達の氷漬け標本が、約130体も展示しております。

氷漬け標本が出来上がるまで
  • (1) 氷漬けに使う水は全て沸騰させて塩素等を取り除き、常温に冷ましておきます。
  • (2) 水槽に水を入れ凍らせ、厚さ10㎝ほどの透明な板氷を作ります。
  • (3) その上に標本となる魚を置き、半日ほどかけて片面を氷に付着させます。
  • (4) 水槽に8分目程度の水を張り、板氷を標本が下になるよう静かに浮かべる様に入れ、約4日間かけて凍らせる。
  • (5) 完全に凍ったら水槽から取り出し、表面を滑らかに、標本がキレイに見えるようアイロンをかけて完成!!
  • このように全て手作業で、1つ1つ時間をかけて作っている「氷の水族館」を是非見てみてください。

ドームシアター

ドーム型スクリーンで見るオホーツクの四季は迫力満点! 流氷が来た海の中の様子や、春の花達も大スクリーンでご覧いただけます。

氷晶発生装置

氷ができる様子って見たことありますか?

「氷晶発生装置」でそんな流氷誕生の瞬間を見ることが出来るのも当館だけです。

もしかしたら流氷の赤ちゃん、とも言えるかもしれません。

クリオネハウス

  • クリオネ・エレガンティッシーマ
  • クリオネ・オホーテンシス

展示室内には、愛らしく泳ぐクリオネがたくさん!その数は世界一です! 実は今年2016年、オホーツク海でクリオネの新種が約100年ぶりに発見されました!!

その名も「クリオネ・オホーテンシス」

今の所、オホーツク海でしが生息が確認されていないその貴重な姿を是非、見に来て下さい。生態についても詳しく解説しております。


他にも、体験コーナーなど見所いっぱいの流氷ミュージアム! 季節に応じたイベントも、多数開催しておりますので、随時お知らせいたします!

説明員 本間 紘枝

ご来館の際はぜひご質問お待ちしております!

施設情報

北海道立オホーツク流氷科学センター

  • 営業日時
    • 営業時間
      9:00 - 17:00
    • 休館日
      毎週月曜日(ただし祝日は除きます)、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)
  • 展示室
    • 一般
      ¥450
    • 学生
      ¥150
    • 一般団体
      ¥350
    • 学生団体
      ¥120
  • 全天周映像ホール
    • 一般
      ¥450
    • 学生
      ¥150
    • 一般団体
      ¥350
    • 学生団体
      ¥120
  • セット料金(展示室・映像ホール
    • 一般
      ¥750
    • 学生
      ¥250
    • 一般団体
      ¥600
    • 学生団体
      ¥200
  • 料金について
  • 住所
    〒094-0023 北海道紋別市元紋別11  地図を見る
  • お問合せ
    • 北海道立オホーツク流氷科学センター
      電話0158-23-5400
  • Webサイト